バイセルという着物買取業者で出張買取をしてもらいました。

ネットで調べて私の都合に一番あっていたからです。
仕事から帰って、夜中にネットから問い合わせを入れました。
仕事と家の改修の予定がビッチリだったので、直ぐに買取の日程を決めたかったのですが、翌朝には返事がきて、なんと当日に買取にきてもらえました。
早いと評判の業者ですが、本当に早くて驚きました。

おおよその着物の量は先に伝えておきました。
男性の査定員の方でしたが、希望があれば女性の方にしてもらう事もできるそうです。

査定員の方の印象はとても良く対応もとても感じが良かったです。
初めての事ですし緊張していたので助かりました。

いざ査定をしはじめて思ったことは、「なんて知識があるのだろう」という感心からです。
一枚一枚すべての着物の種類を丁寧に説明してくださり、おおよそいつ頃の着物なのかとか、どのような時に着る着物なのだとか、知らないことを聞きながらの買取で、かなり楽しめました。

中古として出回る場合の価値なども聞きながら査定金額を教えていただきました。
やはり日本女性の平均体型にあったものが需要があるそうです。
一番の値がついたものは私の成人式の時の振袖でした。
バブル時代の振袖は物が良く、金糸や銀糸がふんだんに使われた黄金時代の振袖とも呼ばれるそうです。
確かに数ある着物の中でも一番豪華でしたし、購入時の値段も高そうでした。
それに振袖は数回しか着用する機会もなかったので綺麗です。
ほとんどの振袖が着用回数は少ないそうです。

確かにこれから成人式を迎える方が、安い着物を購入するよりもバブル時代の豪華な着物を中古でも、ほぼ新品で購入できるならそのほうが良いのではないかなって思います。

次に値がついたのは、正絹の訪問着です。
訪問着は着物の中で一番と言って良いほど着用機会が多いので需要もあるそうです。
入学式、卒業式に母親が、ちょっとしたお呼ばれにも訪問着なら失礼がないですしね。

振袖・訪問着ともに、それにあわせた帯も値がつきました。
振袖用の草履やバッグ、もちろんファーも、成人式の物は一式買い取っていただけました。

他にバッグに作家物があり、知りませんでしたが価値のあるものらしく高価買取をしていただけました。

残念ながらポリエステルの着用回数の多い着物は値はつきませんでしたが、無料で引き取っていただけるということで、捨てるよりは良いので引き取ってもらいました。

諸々買取りをしてもらい、想像以上の値がついたので金額にオッケーをしその場で現金化していただきました。
それも面倒でなく助かりました。

私は買取に出すまでにあれやこれやで整理して時間をかけてしまいましたが、買取自体は家からネットで問い合わせして直ぐにきてもらい数時間で査定が終わり現金化されたので、とても簡単で便利でした。

あわててリサイクルショップに持ち込まなくて本当に良かったです。
買い取られた着物が大切にしてくださる方の手に渡るのを祈って着物買取終了。

ちょっとしたお小遣いにもなりましたし良いことづくめです。
これを機会にもっと良いことがあれば!など考えている私です。

出張買取のサービスは少し抵抗のある方もいるかもしれませんが、しっかりと名のある業者に頼めば安全で優れたサービスだと思います。

また何か機会があれば利用してみるのも良しだと思いました。