着物買取にほとんどの物を出す予定でいますが、今後もしかして着る機会があるかな?と思う正絹の訪問着は取っておくことにしました。

着物を着る趣味などはないので、数枚あれば全然良いので。
薄紫に花模様のきれいな訪問着と、それに似合った帯、グレーのシックな訪問着に少し黄色がかった美しい帯がありました。
ちょっとしたお出かけにもしかしたら着られそうです。
他にも訪問着はあったのですが、だいぶ地味なので査定に出すことにして、2着のみを取っておくことにします。
サイズも標準的なものだったので私でも着用できそうです。

そう、着物買取の場合は着物のサイズも関係するそうです。
小さいサイズだと需要が無いのであまり好まれないようです。
祖母の物は昔の人なので、けっこう小さ目なんですよね。それでも買取してもらえるのか?
物が良ければなんでしょうかね?
大きいサイズなら小さくできるから大丈夫なんでしょうけれど。難しいですね。

男性物というのはどうなんでしょう?
祖父の羽織があるのですが、けっこう格好良い粋な柄の物なんです。
でもあまり男性が着物を着ることって今の時代ないですから、それも売れるのか疑問です。
外国人観光客とかが買うってことも考えられるのでしょうか?
今の時代いろいろですね。疑問がたくさんわきます。

それに必要な肌着と足袋と帯留めなど一式なら和ダンスがなくても保管できそうなので、しまい場所の確保をしました。
それでも着物は着物。保管が大変なのは事実。
タトウ紙を書い直して、防虫剤を買って、一度汚れのチェックをして虫干しをしてしまっておきます。
着物が着たいと思ったときに購入となると、洋服のように安価な物ではないので持っていても良いですよね。

たたみ方や保管方法なども、着物の整理をしていたら覚えてしまったし。
笑えますね!処分しようと思っていたのに着物の事を覚えてしまった。
きっと奥が深いものなのだろうなと思いますが。

ネットなどで調べていたら、着物のリメイクをする方も多いようです。
裁縫が得意ならリメイクしたらどんなに素敵だろうと思いました。

着物は柄が素敵なので、スカートなどにしたら綺麗だろうし、バッグなども素敵ですね!
和柄のワンピースなどに変えられても素敵な物ができそう!

裁縫が得意でないことが残念です。
テーブルクロスくらいならできそうですが、そのような使い方をするよりは買取に出して大事に着ていただいた方がマシ。

そんな事を考えながら整理をすすめています。

正絹の訪問着2着は大事に取っておくことにしました。