タンスの中からたくさんの着物を出して山になっています。
タンスから出すと、けっこう嵩張るので驚きました。
これを梱包して買取業者に持っていくのは大変です。
やはり出張買取に決めて良かったかもしれません。

タンスから出していろいろと見てみました。
訪問着は正絹の美しい模様の着物が何着かあるのですが、着物の中でも訪問着は着用機会が多く少し汚れが目立ちました。
大きなシミではないのですが、査定金額に影響が出ないか不安です。

祖父の古い羽織はだいぶタンスの中にあったので少し湿っていました。
黒い色の羽織なので若干カビかな?と思われる白い粉のような物がありましたが、少し叩いたら取れたのでセーフです。
これはマズいと思い、すぐに着物ハンガーにかけて干しました。
梅雨時なので、しっかりと乾くかが問題ですが、しまいっぱなしよりはマシでしょう。

タトウ紙の交換も相当年数変えていなかったので、湿り気と変色が目立ちました。
着物の保管は気を使うので大変ですね。
和ダンスにしまいっぱなしで何もしていなかったので反省しています。
本当なら年に数回やらなければいけない着物の管理!私には出来ないなとあらためて痛感しました。
普段着ている方ならやれるのでしょうけれど。

古い着物から全てに虫が湧いてなかったのだけは本当に助かりました。
全部の着物をチェックしてみましたが、気がついたところでは穴空きはなかったようです。

素晴らしい着物でも虫食いの穴があると、かなり価値が下がってしまうそうです。
残念ですよね。購入時は高価な物ですし、たった1つの穴あきで値段が下がってしまうのは。

着物は購入する際にとても高価な物が多く、ちょっと勢いで買える金額ではないですよね。
よほど着物が好きな方でない限り、七五三や成人式、結婚式など、なにかのイベントが無いと買いません。
全て記念日・思い出の品ですよね!

そのような記念日に着用した着物は全てに思い入れがあります。
手放すのも寂しいです。
着ないからと言って捨ててしまうのはもっての他ですね。

着物買取店に売るという選択をして本当に良かったのだなと、まだ整理している段階ですが思いました。

懐かしい着物もあるので、全ての写真を撮って思い出にしようと思います。

ただ、全部広げるのは大変!

まず、着物のたたみ方から難しい。なかなか面倒な作業です。
動画を見ながら悪戦苦闘しました。時間もかなりかかりました。

手放す前のちょっとした愛情を着物にかけています。